心理的安全性の構築

私はチームのマネジメントをする立場であります。
とんなチームが最適なチームなのか、どんなチームにしたいのかということを私はいつも自問自答しています。
私が就任した時、今のチーム(約10名のチーム)は各々が仕事のプロフェッショナルであるという印象のチームでした。チーム内の会話は仕事に関係することのみ、プライベートにはお互い関与しない、飲み会なども歓送迎会などの年に数回のイベント時のみ。
仕事仲間とは仕事の関係だけでいいという人も中にはいると思います。それは決して悪いわけではありません。
ただ、一定の成果は上がっているチームではあったものの、一人ひとりがワクワク、ウキウキしながら仕事をしているように見えなかったのが私は非常に気になりました。

そこで私は、いくつかの新しい試みを取り入れました。いくつか例を挙げると、
①月に1回以上の私と部下の1on1の実施
 →雑談8割、仕事の話2割。お互いの悩みやしたいことを会話する。
  (私は率先して過去の失敗談や笑われるような夢の話などをしました)
②月に4回の対面orオンラインでのチーム会
 →皆でしてみたい様々な議論テーマでのディスカッションの実施
  (子供が考えるようなテーマを真剣に話し合ってみる)
③各種イベントの実施
 →希望者を募っての駅伝大会への参加、ボーリング、BBQ、ワーケーション、ものづくり体験への参加、色んなお菓子を食べながら食リポし合う等々(くだらない企画もその他たくさん)

私の所感とはなりますが、上記取り組みの結果、
チームの雑談が増えた、笑顔が増えた、相談されることが増えた(プライベートな相談も含め)、離職率が減った、売上実績も上昇、皆からの提案も増えたという好循環を生む流れが出てきております。

ただ、人間は飽きやすいもの、また、現状に満足しない生き物であるので、次なる試みを今後も積極的に試していきたいなと思っています。

挨拶にスランプなし

「挨拶にスランプなし」
これは芸人の松村邦洋さんの座右の銘です。
どんなに一生懸命仕事をしようとしてもミスしてしまうことは多々あります。
スポーツ選手は特にミスは付きものであり、その日によって出来る出来ないの結果は変わってしまうものです。
ただ、そんな時でもどんな時でも「しっかりと挨拶をすることは出来る」と思います。
明るく元気な挨拶をされて嫌な気持ちになる人はいません。
例えあなたがミスや何かで悩んでいても周りの人が助けてくれるでしょう。
芸人の松村邦洋さんは多少盛ったモノマネをすることで人気を博しておりますが、普段から心を込めた挨拶をしっかりしていることで、リスペクトが本人たちにも伝わり、モノマネしている人たちから怒られたりしたことは全くないそうです。

自分から積極的に挨拶する

継続することは簡単なようで難しいことだとは思いますが、私もしっかり意識してやっていきたいです。

プライミング効果

経験したことや見たり聞いたりしたことが、その人の次の行動や決断に影響を与えることを「プライミング効果」と言います。
「道を歩いていると美味しい焼肉の匂いがしてきて、焼肉が食べたくなった」、「太った人の映像や健康被害のニュースを見せるとダイエットサプリや健康食品が売れた」、「ロマンチックな雰囲気の場で告白すると成功しやすい」や、子供たちがよくやる「10回クイズ」などもこの「プライミング効果」が関係しています。

相手にこういった行動を取ってほしいというのがあれば、事前に相手にインスパイアさせる言葉や場所や雰囲気を作ることが重要となります。
「成功体験を見せる」、「実際に小さな成功体験を作る」ことや「きっと大丈夫」「絶対○○になってみせる」などのポジティブな言葉を口癖にすることでも、プライミング効果が生まれ、モチベーションアップや前向きな気持ちになれたりします。

このプライミング効果を上手に活用することで好循環を生み出すようにしたいものです。