優れたLLMとは<進化するLLMと私たちの未来>

近年、大規模言語モデル(LLM)は目覚ましい進化を遂げ、私たちの生活に大きな影響を与え始めています。GPT-4、Gemini 1.5、Claude 3など、数々の強力なLLMが登場し、その性能を巡る議論は白熱しています。しかし、優れたLLMとは一体何なのでしょうか?

万能なLLMは存在しない

まず重要なのは、LLMは万能ではないということです。それぞれのLLMは得意分野と不得意分野を持ち、特定のタスクに特化したLLMも存在します。例えば、GPT-4は文章生成に優れている一方、コード生成ではGemini 1.5に劣るかもしれません。

では、優れたLLMの基準は何でしょうか?それは、目的や用途によって異なると言えるでしょう。

  • 性能: 文章生成、翻訳、要約、コふード生成など、特定のタスクにおける精度や効率性。
  • 汎用性: 幅広いタスクに対応できる柔軟性。
  • 安全性: 倫理的な問題やバイアス、誤情報などを抑制する機能。
  • 信頼性: 一貫性のある出力、再現性、透明性。
  • 効率性: 処理速度、メモリ使用量、コスト効率。

LLMの進化と課題

現在、多くの企業がLLMを業務に活用するための検証を進めており、すでに一部では実用化されています。しかし、同時に多くの課題も見えてきています。

  • データの取り扱い: 大規模なデータの処理能力、プライバシー保護、セキュリティ対策。
  • 倫理: 偏見や差別、誤情報などの社会的な影響。
  • 法令遵守: 著作権、個人情報保護、法令遵守。
  • 透明性: モデルの動作原理、意思決定プロセス。

特化型LLMとプロンプトエンジニアの重要性

これらの課題を克服するためには、特化型LLMの開発が重要となります。これは、特定の業務や分野に特化したLLMであり、企業のニーズに合わせたカスタマイズが可能です。

さらに、LLMの潜在能力を最大限に引き出すためには、プロンプトエンジニアと呼ばれる専門家の存在が不可欠です。プロンプトエンジニアは、LLMに適切な指示を与えることで、より正確で効率的なアウトプットを得るための技術を駆使します。

未来へ向けて:LLMとの共存

LLMは、私たちの社会やビジネスに大きな変化をもたらす可能性を秘めています。しかし、その進化には、倫理的な問題や技術的な課題など、克服すべき課題も数多く存在します。

優れたLLMとは、単に性能が高いだけでなく、倫理的に健全であり、社会に貢献できるものであると言えるでしょう。 私たちは、LLMの進化を注視し、その可能性と課題を理解しながら、未来に向けて共に歩む必要があります。

★近未来展望と期待されるソリューション★
  • 人(人口)の未来⇒日本は世界から逆行している
    • 世界の人口は現在77億人で、2050年には97億人に増加する見込み。
      • インドは2027年ごろ中国を抜いて世界一の人口を有する見通し。
      • アフリカも2050年までに現在の2倍の人口増加が予想される。
    • 日本の人口は現在1.2億人で、2050年には1億人を下回る見込み。
      • 2025年には日本の人口の30%が高齢者になる見込み。
      • 東京では75歳以上の人口が2010年から2025年には7倍増加する見込み。
  • テクノロジーの未来
    • 5G(4Gの100倍)から6G(5Gの100倍)への進化が期待される。
      • 自動運転、XR(AR/VR/MR)、リアルタイム翻訳などへの技術展開が期待される。
    • 量子コンピューティングやブロックチェーン、IoT、AIなどの技術も進化が続いている。
  • 世界の高齢化問題
    • 現在、世界では11人に1人(9%)が65歳以上だが、2050年までに6人に1人(16%)に増加する見込み。
    • これにより、日本が先行して経験する少子高齢化問題への取り組みが貴重な財産になる。
  • 少子高齢化の原因
    • 未婚率の増加、晩婚化
    • 価値観の変化(独身生活の自由、便利な社会)
    • 女性の社会進出
    • 出産や育児環境の未整備
    • 子育てへの金銭的な不足
    • 医療の発展による平均寿命の延長
    • 健康意識の高まり
    • 都心部への人口集中
    • 進学率の増加
  • 少子高齢化の問題点
    • 労働力不足(24時間営業の減少、閉店や倒産の増加)
    • 若年層への負担(保険料増加、年金制度の危機)
    • 経済成長力の低迷(貧しい国に)
    • 地方の崩壊(地銀倒産、店舗や公共交通機関の崩壊、インフラ老朽化)
    • 高齢者の増加に伴う医師不足や介護士不足
  • 少子高齢化への対策
    • 働き方支援(主に女性向け)
    • 子育て支援
    • 結婚前や出産前の支援
    • 新たな年金制度の構築(投資)
    • 高齢者の再就職促進
    • 予防医療への注力(日常生活や介護における予防)
  • 今後期待される医療・健康ソリューション
    • 予防医療(AIを活用)
    • 先制医療
    • 遺伝子医療
    • 脳波医療
    • 免疫医療
    • 再生医療(培養肉や細胞農業への展開)
    • ロボット手術
  • 医療機関の連携
    • 地域連携医療の推進(慢性期疾患への対応)
    • 携帯でのナースコールシステム
    • 生涯医療/健康データの携帯端末への取得と活用
    • 医療スタッフからの携帯端末への配信
    • 画像解析や診断技術の活用(不穏行動の検出など)
    • 自動車や携帯端末による健康監視
    • 患者に寄り添う医療スタッフの必要性(食生活改善など)
    • 潜在ワーカーの活用(主婦、元看護士、定年退職者など)
    • 医療データのクラウド化
    • シニア住宅の医療設備の充実

AI活用例

近い将来、AIによるカメラ技術を用いて、以下の業務への適用による生活の質向上が期待される。
・セルフチェックアウトでの不正防止
  ・消費者の動きと実際のスキャン数を比べ、スキャン漏れや不正を検知
  ・バナナトリックを検知
・年齢確認の実施
 ・お酒等の年齢制限商品購買時のチェック機能
 ・消費者の購買体験の向上(消費者側への問いかけが不要となる)
 ・コンプライアンス改善

NordVPN~広帯域でセキュアなVPNサービス~

近年、クラウドサービスの普及に伴い、インターネット向けアクセス量は増加傾向にあります。
そのため、企業や個人が安全かつプライベートな通信を行うことができるVPNサービスの利用が重要となっております。

今回本記事で取り上げるNordVPNは、広帯域でセキュアなVPN(仮想プライベートネットワーク)を提供しているサービスです。



NordVPNの特徴は以下が挙げられます。
・インターネット上でのあなたの活動を匿名化し、オンラインでのプライバシーを確保
・5500以上の高速サーバーを60カ国以上に展開しており、どこからでも安全にアクセス可能
・強力な暗号化: AES 256ビット暗号化を使用して、あなたのデータを協力に保護(現在利用可能な最も強力な暗号化技術であり、あなたのオンライン活動を完全にプライベートに保ちます)
・グローバルなサーバーネットワーク(広範なサーバーネットワークにより、世界中のコンテンツに簡単にアクセス可能)
・高速な接続速度を提供し、遅延なしにインターネットを楽しむことが可能(ストリーミング、ゲーム、ダウンロードなど、あらゆるオンライン活動に最適です)
・ゼロログポリシー: NordVPNは、あなたのオンライン活動に関する情報を一切記録しないため、プライバシーが完全に保護される
・キルスイッチ機能: 万が一VPN接続が切断された場合でも、NordVPNのキルスイッチ機能があなたのデータを保護
・シンプルで使いやすいアプリ: NordVPNのアプリは、すべてのデバイスで簡単に使用できます。わずか数回のクリックで、VPN接続を開始可能
・24時間365日のカスタマーサポート: 専門家による24時間365日のカスタマーサポートを提供



今後、インターネットを利用する際には、安全性とプライバシーが非常に重要となってきます。NordVPNは、上記に示した通り、これらの問題を解決するための最適なソリューションを提供してくれます。NordVPNには優れたパスワードマネージャーも付属しており、パスワードの生成や自動入力が簡単に行え、安全に保存することもできます。これまで何度もパスワードをリセットする手間があった私にとって、この機能は非常に便利でした。さらに、NordVPNを利用することで、ファイルを徹底的に暗号化してバックアップし、安全なクラウドに保管できます。これにより、すぐにアクセスできるだけでなく、安全に共有し、簡単に同期することができます。仕事やプライベートで大切なファイルを扱う際に、この機能は非常に安心感を与えてくれます。 NordVPNのもう一つの魅力は、最大6台のデバイスに対応していることです。Windows、MacOS、Linux、Android、iOS、Chrome、Firefox、Edge、Android TVなど、様々なデバイスで利用できます。公衆Wi-Fiを利用している場合でも、インターネットへの安全かつプライベートなアクセスを楽しむことができます。 
私はNordVPNを使用してから、オンラインでの安全性とプライバシーが大幅に向上しました。これまでの不安やストレスから解放され、インターネットを自由に楽しむことができるようになりました。
皆さんもぜひ、NordVPNを試してみてください。オンラインでの安全性とプライバシーを確保するための最適な選択肢です!

https://nordvpn.com/ja/

医療分野での課題とデータ活用

現代においては、平均寿命がますます延びている一方で、健康寿命との乖離が鮮明になってきている。
・この50年間で、65歳時点の平均余命が大幅に延伸(OECD加盟国平均:14.2年→19.9年)
・ただし、65歳時点の平均余命に対し、健康寿命は半分以下(OECD加盟国平均:女性9.8年、男性9.7年)

これらのギャップの解消、課題解決に向けては、ヘルスケアデータをより詳細に分析し、最適な健康活動を送れるような新たな取り組みに繋げていく必要があると考える。

そのためにはやはり、
医療機関ごとに分断されている患者情報(医療データ、健康データ、活動ログ等)を関係者間で共有し、患者一人ひとりに寄り添った最適な医療の提供の実現が必須と考える。

また、新薬開発には10年の開発期間と1000億円以上の開発費を要し、そのうえ成功率は2~3万分の1と言われており、このため製薬会社等の前向きな取り組みが難しくなり、新薬開発が遅れている現状がある。これらの課題に対しては、
・研究プロセスの自動化
・AIなどを活用し、研究アイデアの創出や研究のスピードアップ
・研究データ、試験データの共通管理、情報交換
・在庫管理
・シミュレーションモデルの構築(データサイエンティストの育成、活用)
などに向けた一層の取り組みが必要となる。

超高齢社会が到来し、健康や寿命に関する様々な要望やリスクが起きる中で、この医療分野においても様々なデータとテクノロジーを最大限に活用する取り組みが必要となっている。

人=資本

企業を成長させていく、拡大させていく為には、人(社員)に投資をして成長させていくことが必要である。この当たり前の考えが日本、特に大企業の取り組みからは希薄に感じられることが多い。
とはいえ、日本においても、とりわけベンチャー企業などは、経営目標や必要スキルが短期間で変化することも多く、「社員の成長が必要不可欠」であるという意識を持っている企業は多いと感じる。
今一度「人的資本経営」の意義について考えるようにしていきたい。

イノベーションを「買う」

アメリカをはじめとするIT先進国ではイノベーションを外から積極的に「買う」。

そうして購入したイノベーション(アイデアや技術、ノウハウ)を自社ソリューションと組み合わせて新たな価値創出(自社ブランド化)することで、サステナブルなイノベーションを実現している。

一方で、日本企業では、自社で1からイノベーションを起こそうとする企業が依然多いと感じる。(特に大企業ほど自分たちの力で出来ると思い込んでいる)

決して自身の力だけでイノベーションを起こすことは悪ではないが、自社規模とそれ以外(外部規模)を比較すると当然圧倒的に外部規模が大きく、それだけ外部に眠っている「可能性」が大きく、つまり、成功の数(失敗も含めた試行回数)が大きくなると考えられる。

日本企業も海外企業事例に習い、より積極的に外から「可能性を買う」ことを促進するべきだと考える。

manatea

d払いポイントGETモール